個別記事の管理
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理
Nさんのご相談内容……
「今世での課題、自分に向いていること」




名称未設定-1
☆現在の中国の地方都市(?)で、
 自然研究者・役人(役所所員みたいな人?!)。

 □

当時のNさんは、武人の家の長男として生まれました。
自然と人が上手に共生するシステムを考えるのが好きで、
植物の生態や生育状況を調べたり、
川や雨の流れの調査、水脈の研究などに
生き甲斐と幸せを感じていました。

大変賢かったのですが、父や周囲の大人には
「武家の跡取りなのだから武道の稽古をして腕を磨け」
と言われていました。
きちんと武芸の稽古もしたのですが、
大人の目を盗んで好きな学問に打ち込んでいました。

ある日、言いなりにならない長男に腹を立てた父は、
「お前のようなものは跡取りに出来ない」
と、弟を正式な跡取りにすることに決め、
Nさんを小さな地方?に飛ばしてしまいました。

しかし、自然研究や好きな学問が出来れば良かったので、
何の迷いもなく父の提案を受け入れたようです。

 □

青年になり、地方の役場?で勤務し出したNさんは、
その発想力と強い勤務意欲で周囲から好評価を得て、
それなりに高い地位に取り立てられました。
権力を握ろうと思えば握れる立場だったのですが、
「金銀財宝や地位名誉」よりも
「好きなことをやれる生活」が幸せであるため、
露骨に敵を作ることも少なかったように感じます。

Nさんは、あるとき、生活用水を汲むのが大変だった町に
効率よく水を循環させる方法(?)を発案しました。
すると一気に町は豊かになり、民の生活は向上。
発案者のNさんは、その才能をさらに買われ、
いくつかの大きな役割を与えられました。

 □

一方で、Nさんを面白く思わない者も出てきました。
「Nさんの案が実行されてしまうと、
町の民がより良く生活でき、民自身が力を持つ。
このままでは、民を牛耳る事が出来なくなる」
と考える派閥の施政者たちです。

「Nさんは切れ者なので、半端な作戦では倒せない。
なので、(自分たちと繋がりのある派閥にいた)
武人として名を挙げているNさんの弟に兄を討たせよう」
彼らは、とんでもない行動に出てしまいました。

家督を継いだNさんの弟は、正義感の強い武人でした。
本来、派閥争いのための討伐など引き受けない人物です。
しかし、悪どい施政者たちは、
「お前の兄は地方の整備をする名目で民を騙している」
と嘘の情報を叩き込み、弟を騙してしまいました。

後日。Nさんの元を訪れた弟は、兄に刃を向けました。
「なぜだ?!」
思い当たる節もなく驚くNさんに、
「本当は討ちたくない。しかし、身内の過ちは、
武人の誇りにかけて討たなければならない」
血を分けた尊敬する兄を討つ罪悪感にまみれながら、
弟は、兄を斬りました。

 □

Nさんを討った派閥が台頭すると、
一気に悪政がはびこりました。
「俺は騙されていたのか」
弟は、ようやく事実に気が付いたのです。

その後、弟は、
信頼できる人物を集めて彼らを討伐し、
兄の意志を継ぎ、兄が発案したプロジェクトを推進し、
民が幸せになるための政治を志して進めました。
そして、ずっと兄を弔い続けた、とのことです。




 ☆前世からの持ち越し・今生の課題

「何度となく迫害されている過去生」
…「自分が楽しく感じる・斬新な・新しい考えや発想」を発表すると
 「誰かに迫害されるのではないか?」と恐れが残っているかもしれません。
 また、奥深い部分に
 「自分が楽しく感じる・斬新な・新しい考えや発想」を外に出すと
 「周りの人を置いてきぼりにしてしまうのではないか?」といった
 迷いがある可能性も。

「前に進み、人々に道を示す」
…過去生で迫害されたのは、「時代が追いつかなかった」中で
 「新たな視点を世界に発表する」ことが課題だったからかな?
 と感じました。しかしこれからは
 「新たな視点を世界に発表」して受け入れられる雰囲気です(^v^)


 ☆どんなことが向いている? 適正は?

「豊かな発想力、企画、発案、プロデュース」
…過「視点が斬新」という才能が印象に残りました。
 ただ奇抜なだけではなく、「真理」や「命の美しさ」が
 あるものを発想するのがお好きかな、と感じました。
 グループで企画を進めるのが向いているように感じたのですが、
 お一人で進めるのも悪くなさそうです。

「一人で楽しんだり学んだりする時間が大切」
…現在ちょっと才能が胸の奥に眠っている状態で、
 枠の中にはまってしまう息苦しい感じや、
 まわりの環境と本来の自分自身とのギャップが
 心の深い部分にあるのかな? と感じました。
…わくわくする本を読んだり、
 本当に「楽しい!」と思える技術を磨く事を、
 「誰にも邪魔されず一人でやる」ことが重要です。
 「人に勧められたもの」ではなく、
 「本当に自分が楽しいと思えるもの」をやると、
 そこからさらに素晴らしい発想がやってきそう。
…前世からの持ち越しや今生の課題も
 「一人で楽しんだり学んだりする時間」を
 大切にする事で自然とクリアされそうな予感。




☆ Nさんのご感想 ☆

中国というのは少し、意外でした^^
男性だったというのはやっぱりかという感じでした^^

自然探求が好きだったようで、今も自然は好きですが
そこまで自然を意識していなかったので新鮮でした。
知的探求という点は、自分が気になったことに関しては
浅いですがすぐ調べるということは近いかと思いました。

迫害されている過去生というのは意外でした。
迫害するほうかと思いました。
他の過去生では迫害する側もあったのかもしれませんが。

自分が楽しく感じる考えなどを外に出すことにたいする
迷いがある可能性があるという点に対しては、
現在も当てはまる気がします。
思っていることを素直に周りに伝えるということが
必要なのかなと思いました。

もとは発想力が豊かだというのはうれしいですが意外でした。
「発想力」「クリエイティビティ」は
私には欠けている能力だと思っていました。
もとは持っている能力だとしたら現在は
本当に奥に眠っているんだなと思います。

「人に勧められたもの」ではなく、
「本当に自分が楽しいと思えるもの」をやると
発想がやってきそうという言葉には励まされます。
興味を感じたことにたいして積極的に取り組んでいきたいです。
一人で楽しむ時間が大切というのはとても納得できました。

リーディングをしていただいて意外なこともありましたが、
自分の中でどれも受け入れることのできる内容でした。
スポンサーサイト
Theme : スピリチュアル * Genre : 心と身体 * Category : モニター様の結果
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。